リポート : コンテンツ東京 2016
リポート

昨年よりコンテンツ東京の中で展示が始まった、先端コンテンツ技術展は、地方にいると

情報だけのコンテンツに、実際に触れることのできる貴重な展示会でした。

 

AR・VRの活用についていろいろ見てきた感想です。(あくまで個人の意見です)

 

ARはスマホ用のアプリはすっかり影を潜め、センサーを利用した個体認識でスクリーンに

拡張現実を表現するものへと変化、球体に映された映像の切り替えに利用したり、スクリ

ーンから飛び出して動くロボットまでありました。(もうARの世界ではない?)

 

VRについては、これまでゲームの世界のものと思っていましたが、佐賀県の三重野海軍所

跡の観光用VRを制作されたCAD CENTERさんの話を伺い、今後の展開に期待を感じました。

別のブースでは、不動産の住宅案内のVRも見ることができました。

でもバイクや海底旅行などのVRは最高です。アトラクション用としての活用がやはり一番

多そうです。

中でも目を引いたのがVRの中にモーションセンサーを付けて自分も参加するというものが

いくつかのブースで展示されていました。これはこれからはやりそうな予感です。

 

その他は 360度映像のデモがちょっと多く感じた(いまさら?) パナソニックさんの

バルーンドローンは、大きいけどこれなら安心です? ソニーさんのブース、昨年は巨大な

モニターで目を引いたけど、今年はちょっとおとなしめ・・?でもそこはさすがソニーさん、

いろんなタイプのプロジェクターを展示されていました。すべてが気になるものばかりでした。