リポート : シンゴジラ公開
リポート

日本ゴジラ映画としては、29作目の「シンゴジラ」の公開が始まりました。

ゴジラファイナルから12年経っての復活となります。

 

実はアドミヤの事務所には、たくさんのゴジラのフィギアがあり、仕事ぶりを大きなゴジラヘッドが監視?する

くらいのゴジラフリークなのです。

 

今回公開された、シンゴジラは、今までの着ぐるみゴジラとは異なりモショーンキャプチャーを使ったフルCGと

言うことで大きな期待と興味を持った鑑賞となりました。

 

そして感想は、さすがにフルCGです。着ぐるみとは違い細部のアップや血を流すゴジラのエラ?など迫力があり

ました。しかし破壊神としての暴れまわるゴジラの描写は少なく、固まったゴジラの背びれや口、はたまた尻尾

からでる光線で東京を破壊するという一風変わったゴジラに生まれ変わっていました。

そこは、エバの監督と言うことで納得はしました。そういえば会議のカットもエバの作戦会議シーン似ていました。

 

ストーリーは、これまでは子供でも理解できる言葉で表現されていたのですが、今回からは自衛隊も武器を使用

するには、それなりの手続き(法案)が必要となるため、難しい言葉が早口で飛び交い、ゴジラ映画を子供連れで

見に来てもお子さんにはちょっと難解かもしれません。

ストーリーの中では、ゴジラが暴れる場面より、ほとんどが会議・会議の映像となっています。娯楽映画と言う

より、自衛隊の発動や首相の指揮権などと言ったシリアスな映画ストーリーに仕上がっています。

 

ともあれ 今回のゴジラは、野村萬斎氏であり とにかく一見の価値はあるとおすすめいたします。